ハリネズミのシロ 空へ~・・・・

ハリネズミ シロ
05 /20 2019
令和元年 5月9日 午後9時
ハリネズミ「シロ」は二歳で永遠の眠りにつきました。

死因は不明・・・ 仕事から帰宅してシロにいつも通り餌を持ってきて、ケージを開けてシロが別のところで横たわっているのを見つける。

その時点で違和感があり、触れてみると、もう動くことがなく冷たくなっていました。

人生で初めてのペットの「死」これほどまでに重く・辛いものでした。

まず何をしたらいいのかわからなく・・・ただ涙を流しながらシロの棺桶を探し、ただ火葬するまでの安置を確保することで精一杯でした。

シロはその一か月前。あんなに食いしん坊だったのに急にご飯を残すようになり、体重も減りつつもあったので心配になって何回か医者に通っていました。
ただ分かったのは、口に小さな腫物ができていてそれが原因で食べづらかったのかと診断され、お薬とダニの薬を定期的投与しながら様子を見ていました。ご飯も食べやすいようにミルワームやゼリーを使い体重が減らないように様子を見ていました。

 時期に良くなる・・・・

そう信じるしかありませんでした。

私は後悔もしています。もっと何かできることがあったんじゃないのか・・・・と

シロをもっと生きられるようにできたのではないのかと・・・・

考えても、後悔しか出てきません。

TwitterとYouTubeでシロの死を報告した。

そしたら沢山の人からお言葉を頂きました。本当に沢山・・・・

みんなシロの死を惜しみ悲しんでくれた・・・・

そんなにYouTubeでは動画に出ていないのに、これだけ沢山の人からコメントが届いているということは

それだけシロも愛されていたんだと思い涙が止まらなかった。

もう・・・コメント返しができないくらい沢山の人に慰められました。


私自身いつかは来る運命だとは思っていましたが、本当にいつそうなるか分からないものです。
いつも用意していた、お皿の数が一つ減って・いつも聞いていたハリネズミの足音も少し静かになり

本当にシロが居なくなったんだなと・・・・心に1つ穴が開きました。失恋より辛い・・・・



シロはフクロウカフェの元オーナーさんから譲り受けたもので、それはそれは可愛い白いはりハリネズミでした。
とても食いしん坊でやんちゃでも~と思いながらも何でも許せる男の子です。
ハリネズミのペロももちろんですが。
シロは私にとって「秘蔵っ子」のような存在でした。そんな子がいなくなると家族が少し寂しくなりますね。


5月14日  ペット火葬の業者さんに電話して火葬しました。
その日も私は仕事で立ち会うことができませんでしたが、ギリギリの時間までそばにいました。
正直、シロに申し訳ないと思っていました。
本当は立派な棺桶に立派な花も添えて、お骨j拾いもしてあげたかった。
そんな最期まで不甲斐ない飼い主で何度も何度も謝っていた。

シロは幸せだったのかな・・・・私は独りよがりでも幸せいっぱいだった。

思い出も一杯だった。

シロは今何をしているんでしょうね。きっと青い空の下にある草原で走り回りながら美味しいごはんを食べているといいな・・・



私は悲しみもシロの死も受け入れ、また一日一年を乗り切っていこうと決めました。
まだペロもホロもいます。
正直ペロとホロの死も怖いです。不安です。シロ以上に落ち込むんじゃないかと怖いです。
でも、それはちゃんと飼い主としての責任でもあるので、そんなことではシロを最後まで責任を持って大事にして最期を弔った意味がありません。

だから私はまたペロとホロを守るため、シロの死をしかと受け止めるため、武士としての誇りとして明日を歩もうかと思います。

シロ・・・・本当にありがとう・・・一生・・・忘れません!!




bandicam 2019-05-14 12-28-07-374



暇な武士

普段は仕事や武道の習い事をしてゲーム好きなごく普通人間
でも、彼にはハリネズミ2匹とフクロウ1羽を飼っており、それはそれは賑やかなお部屋で暮らし
日々その子たちのお世話や新たに始めた動物系youtuberとしての動画配信をしている
「趣味が多くとにかく暇な武道家」=「暇な武士」の日記をどうぞ閲覧あれ!!